ザルツブルグ大聖堂でのモーツァルト「戴冠式ミサ」

フェスティヴァル実施要項

1.開催期間

2017年10月5日(木)~10月7日(土) ・ 3日間
2018年度は10月4日~10月6日に開催予定


.コンサート

10月7日 午後6時30分開演
指揮: ヤーノシュ・シフラ
管弦楽: ザルツブルグ大聖堂管弦楽団
会場: ザルツブルグ大聖堂


.プログラム

モーツァルト: ミサ曲ハ短調K.317 (ベーレンライター版)


.参加資格

演奏歴、年齢等の制限はありませんが、これまでに「戴冠式ミサ」の合唱経験をお持ちの方。ご参加はお1人でも、ご友人との小グループ又は合唱団単位でのいずれでも可能です。

尚、当日の服装は、女性は白いブラウス、黒い上着、黒いロングスカート又はスラックス、男性は白いシャツ、黒いスーツ、黒いネクタイ/ボウタイをご用意ください。


.参加費用

1人様~4名様まででご参加の場合

1人につき 95,000

5名様以上10名様まででご参加の場合

1人につき 85,000

11名様以上20名様まででご参加の場合

1人につき 77,000

21名様以上でご参加の場合

1人につき 72,000

上記費用に含まれているものは以下の通りです。
・フェステイヴァル参加費
・大聖堂見学ツアー
・ザルツブルグ市内観光(モーツァルトの生家への入場料込み)
・ホテル3泊分の宿泊代(市内の4ッ星クラスのホテルで21室を基準。個室利用の場合は1泊

  7,000円の料金追加)
・期間中の食事(朝食3回、夕食2回と打ち上げのスナック)
・記念写真と参加証明書


.申込締切

201316 但し、それ以前でも募集定員(200名)に達し次第締め切られます。


フェルティヴァル スケジュール

10月5日))  ザルツブルグ到着
午後、ザルツブルグの指定ホテルへチェックイン。
演奏会場となる ザルツブルグ大聖堂の見学の後、第1回目のリハーサル。
夕食は親睦会を兼ねての全員参加での伝統的なオーストリアンレストランで。

10月6日金)  ザルツブルグ滞在
午前中、モーツァルトゆかりの場所を英語ガイドの案内で(約2時間)。
午後、ヤーノシュ・シフラによる合唱の合同リハーサル
夕食は市内のレストランで。

OP:希望者は聖ペーター教会に隣接の、現存するヨーロッパ最古のレストラン、シュティフツ・ケラーのバロックザールでのミニ・コンサートとキャンドル・ライト・モーツァルト・ディナ。

10月7日土)  ザルツブルグ滞在
午前中並びに午後のドレス・リハーサルまでは自由行動。希望者は、大学教会前の「ファーマーズ・マーケット」の見学
午後、ドレス・リハーサル(ゲネプロ)。
6
30分よりザルツブルグ大聖堂にて世界中からの参加者と、ヤーノシュ・シフラ指揮による大聖堂管弦楽団、同合唱団との合同演奏会に出席。
終演後は、参加者全員での打ち上げパーティ(スナック・ビュッフェ)。

10月8日日)  ザルツブルグ出発
朝食後、ホテルをチェック・アウト
*希望者はザルツブルグ大聖堂で行われるミサに参列することもできます

ご希望の場合は、ウィーン、プラハ、ミュンヘン等への観光、又は団体でご参加の方には各地での演奏会なども手配いたします(別費用)。