ウィーン世界平和合唱フェスティヴァル

2019年度フェスティヴァル実施要項

1.開催期間

2019年7月25日~7月28日 ・ 4日間
2020年度は7月30日(木)~8月2日(日)に開催予定



2.実施部門

■ コンクール部門
■ セレブレイション部門 (コンクールに出場しないコンサート、ワークショップのみ)


3.参加資格

できれば、コンクール部門は20名位以上、セレブレイション部門は15名位以上 (それ以下でのご参加を希望の場合はお問い合わせください) で、合唱団の形態・編成・男女の別は問いません。


4.年齢制限

セレブレイション部門には年齢制限はありませが、コンクール部門はカテゴリー別に以下の通りの年齢制限が設けられています。
A)児童:12歳以下の方。
B)少年少女:13歳から15歳までの方。
C)ユース:16歳から19歳までの方。
D)一般:20歳以上の方。
但し、指揮者や伴奏者はこの限りではありません。


5.課  題  曲

A)コンクール部門
① コンクール委員会の指定する1曲。
② ヨーロパの古典派の作曲家の作品を1曲。
③ 日本人作曲家の作品(民謡等も含む)を1曲。
制限時間は1団体15分(ステージへの入場、退場を含めて)ですが、上記の3曲で15分に満たない場合は、ジャズ又は近・現代の作品を1曲加えて制限時間を満たすようにしてください。
プログラムは、伴奏付き又は無伴奏のいずれでも構いませんが、伴奏者は合唱団でご用意意下さい。またピアノは現地側が用意しますが、ピアノ以外による伴奏の場合は楽器と奏者は合唱団でご用意ください。
また、課題曲とは別に、期間中に開催されるコンサートやワークショップのプログラムもご用意ください。
B)セレブレイション部門
特に曲目の指定はありませんので、期間中のコンサートやワークショップのためのプログラムを自由にお決めください。できれば日本の曲を少なくとも1曲又はそれ以上含めることをお勧めします。


6.申込締切

各開催年度の4月30日までに下記の必要書類などが全て現地に必着の事。
(但し、それ以前でも部門別の定員に達し次第締め切られます)


7.提出書類

① 所定の申込書
② 合唱団のプロフィール
(合唱団の歴史、演奏歴、活動等を英文で、ワード文章にしてA4サイズ1ページ位のもの)
③ 合唱団の写真
(カラーで、Tiff、Bitmap、Jpeg のいずれかで提出の事)
④ 演奏団体のCD、DVD又はMP3 ファイル
(ライヴ又はスタジオ録音の問わず、最近の演奏で少なくとも3曲以上録音又は録画したもの)
⑤ 指揮者のCVと写真


8.パッケージ

ご希望の団体にはウィーンでの宿泊、食事、現地交通費、観光などを含めたパッケージをご案内いたします。利用料金は参加人数や利用宿泊施設により増減はありますが、20名様ぐらいの参加で約18万~25万円(日本からの航空機は含みません)
*この間のウィーンでの宿泊は音楽祭指定のユース・ホステルやサマー・ホテルを利用します。


フェスティヴァル・スケジュール

■ 1日目:7月25日(木)
午後、聖シュテファン寺院でのフェスティヴァル登録手続きとオープニングセレモニー。
引き続き、MuTH(アウガルテンにあるウィーン少年合唱団のコンサートホール)、聖ペテロ教会、シューベルト教会、市庁舎等で開かれる「voice for Peace concert」に出演。

■ 2日目:7月26日(金)
午前中、各合唱団ともウィーン国際センターにある国連本部でのコンサート。
引き続き、ユニセフへの募金活動の一環としてのバザーに参加(参加団体はバザーに出品する日本からの品物をご用意意下さい。売り上げはユニセフへの寄付金となります。)
午後、セレブレイション部門の参加団体は、ウィーン少年合唱団の本拠アウガルテン宮殿でのワークショップに参加(1団体約2時間)。指導はウィーン少年合唱団の芸術監督ゲラルト・ヴィルト教授の総監督の下、ウィーン少年合唱団の指揮者やオーストリアの著名な合唱指揮者が担当します。
また、それとは別に、ウィーン市内又は近郊の老人ホームなどの社会福祉施設での第1回目の「Music without Borders Concert」も実施されます(この日のコンサートに出演しない団体には翌日の第2回目に出演の機会が提供されます)。

■ 3日目:7月27日(土)                                   
午前中、前日に引き続きアウガルテン宮殿でのワークショップ(参加は26日又は27日のいずれか1回です)
コンクール部門参加団体は、MuTHでのコンクールに出場。終了後は、短時間になりますが審査委員(ウィーン少年合唱団の指揮者やオーストリアの著名な合唱指揮者)によるワークショップも実施されます。
並行して第2回目の「Music without Borders Concert」も実施されます(各参加団体は第1回又は第2回目のいずれか1回の出演になります)。
夜は、参加者相互の親睦を図るバーベキュー・パーティーも予定されています。

■ 4日目:7月28日(日)
午前、ウィーン少年合唱団の公開リハーサルを見学
午後、ガラ・コンサートのためのリハーサル。
夕刻、ムジークフェライン黄金の間にて、ウィーン少年合唱団との合同演奏によるガラ・コンサートに出演。

*上記の各イヴェントとは別に、希望団体には地域のカルチャーセンターや教会、福祉施設などでのチャリティー・コンサートなどへの出演の機会も提供されます。